ペットを飼うことの健康へのメリットとは

最近ではペットを飼うことによって健康が促進されると言われています。具体的にどのような効果があるのか、大きく分けて3つあります。可愛い仕草を見て、触れ合うことで心と体を癒すのもいいかもしれません。

触れ合うことで健康的な体になる

子供の頃からペットと触れ合っていると感染症にかかりにくく、病気になっても回復するのが早くなるといわれています。血圧を下げ、高コレステロールのリスクも抑える効果もあります。深刻な心臓発作を起こした人でも、普段から動物と接している人の方が生存率の高いことが最近では広く知られるようになりました。

また、現代では多くの人が悩んでいるアレルギーによる症状も緩和されることがわかっています。一緒に過ごすことで耐性ができ、免疫力を上げることができます。今まで喘息などの原因とも疑われてきましたが、最近では逆にリスクを軽減させると言われるようになりました。

運動量が増えて毎日がいきいきと過ごせる

散歩や世話などで必然的に体を動かす機会が増えます。なかなか習慣づけるのが難しい日々の健康習慣も、ペットを飼うことで運動不足を解消し改善することができます。犬を飼っている人の運動量は飼っていない人の2倍とも言われています。肥満の防止にも有効な手段として見られているのです。

運動をすることで気分が変わるということをご存知の方も多いはず。ペットを飼うことによって毎日少しずつ体を動かし、心身を健康にすることができるようになります。毎日元気に過ごすためにも考えてみるのもいいかもしれません。

優しい気持ちになりストレスが軽減される

ネットなどで可愛い動物の写真を見て思わず笑ってしまったという経験をされた方は、飼っている動物のさまざまな仕草を見て心が癒されるのを感じるはずです。人間は動物と触れ合うことでオキシトシンという脳内物質が分泌され、精神的に安定することができます。

前科のある人が動物を飼うことで再犯率が抑えられたという調査結果も出ています。また受刑者と犬が一緒に暮らすことで刑務所内でのトラブルが減ったというニュースも流れました。このことから生き物と触れ合う心を健康にしてくれるということが見受けられます。

ペットを飼うことにはたくさんのメリットがあります。現代医学でもその証明はたくさんされています。身近な動物と触れ合うことで心も体も健康にし、毎日笑って過ごすことができるようになるかもしれません。

猫を飼う前に猫の生態について調べておこう

ペットブームでペットも家族の一員として大切にされる事が多い反面、猫を飼い始めてもすぐに飽きてしまって簡単に捨ててしまう人もいます。
猫を簡単に捨ててしまう人は猫の生態についてよく知らないままペットを飼う事にして手を焼いたり、上手くしつけられずに手放してしまうのかもしれません。
しかしペットとして飼う以上は責任が生じますから猫が幸せに生活できる環境を用意する事が出来ないのであれば最初から猫を飼う資格はありません。
なので猫の生態についてしっかり事前に調べておきましょう。

猫の多面性について

猫はいろんな顔を私たちに見せてくれます。
ペットとして飼い主に可愛がられて可愛く甘える一面もあれば、野生動物としての狩猟本能を一面に見せてくる事もあるでしょう。
また子供のように無邪気に遊ぶ事もあれば、急に母親として子猫をしつけたりもします。
このように猫には多面性があるからこそ魅力があると言えるのかもしれませんね。

猫の行動を理解しよう

私たちが人間の行動を標準に物事を考えてしまうと猫の気持ちが理解出来ない場合があります。
何でこんな事をするんだろう?この行動で何か伝いたい事があるんだろうか?
理解するためには猫の行動をしっかり見て、そしてその意味を間違えずに解釈できるようになりましょう。
ペットの飼い方の書籍や猫の気持ちを紹介しているサイトなどペットを飼っている人はたくさんいるので情報源もたくさんあります。

ペット初心者は特にペットを長年飼っている人にいろいろ話を聞く事は勉強になる事も多いと思います。